n-oneの走行性能は、軽トールワゴン系トップクラス

n-oneの走行性能についてまず最初にご紹介をさせていただきたいのは、間違いなく軽トールワゴン系トップクラスの走りだという点です。

軽自動車は走らないと言われていますが、コペンのようにツーシートのクーペタイプといった「とことん走りを求める」というコンセプトの軽自動車もありますし、何よりも軽自動車は最初から小さくて軽いという特徴もありますので、「軽自動車は走らない」というのはもはや完全に過去の話と言っても良いでしょう。

ただそんな中でどうしても消えなかったイメージが「軽自動車は価格が安いものしか選択肢がない」という部分です。

これも過去の話ではありますが、軽自動車というのはお金をあまり持っていない大学生や、商用として安く多くの車を買いたいというニーズに応えてきた流れがあります。そのイメージは今でも残っていて、やはり軽自動車は「安いクルマ」というのが定着してしまっていました。

そこへ出てきたのがこの n-oneです。走行性能を実際に乗ってみて確認するとお分かりいただけるかと思いますが、もはや「普通車並」ではなく「普通車超え」です。

同じHONDAのフィットよりも走る!といった評価もあり、車両価格については150万円前後から200万円近くまでするモデルも発表されています。つまり走行性能も含めて、もはや過去の軽自動車とは全く違うという訳ですね。走行性能や、そこにかけられた予算と販売価格をあわせて考えると「税金面が軽自動車と同じ1,300ccの普通車」と言っても良いですね。

そんな n-oneの走行性能、まずはコンセプトとエンジン部分からご紹介をいたします。

n-oneの走行性能、そのコンセプトはやはり「低回転」

n-oneの走行性能は、まず高トルクという事が挙げられます。これは同じシリーズのn-boxとも共通をしており、2,600回転という低回転域で最大トルクが発揮されるように調整されています。

ただn-boxの場合は車両重量が1トンほどあるのに対して、 n-oneは850キロ前後となっています。 n-oneの方が大人二人分ほど軽いこともあって、同じ高トルクのクルマでも n-oneの走行性能の方が高くなっていると言えるでしょう。

こういった低回転で最大トルクが発揮されるエンジンは、街中でのスムーズな加速ができますので、ストレスなく走ることができます。そこで面白いのは「女性の目線」です。カンタンに言えば、走りについてこだわる女性オーナーが増えてきた、という事なのです。

今の時代、女性が車に乗るなんて当たり前です。ほんの一昔前まで、自動車教習所に通う女性は、男性に比べてやや少ない印象もありましたが、今の自動車教習所はまさに「男女共学」といった印象を受けます。

そんな時代の変化の中で「走り」について、それこそ「トルクと馬力」や「ボディ剛性」といった事まで具体的に説明できるほど詳しい女性が増えてきているということです。n-oneの走行性能について見ていると、ただ単に外観やインテリアが可愛いだけではダメだということを分かった上での設計になっているのではないかなと感じますね。

静かであることが、後からの評価アップに影響している?

n-oneの走行性能でもう一点ご紹介しておきたいのは、その静粛性です。走っている時の音が静かだということなのですが、これは n-oneの防音材に、ミドルクラスセダンと同じものが使われていることが理由の一つとなっています。

軽自動車のような低排気量のクルマは、高速道路を走っている時は特に、音の大きさが気になります。昔のクルマであれば、助手席に乗っている人との会話がちょっと難しくなるくらいに、音が大きくなってしまう軽自動車もありました。

それに比べると n-oneの走行性能は「静かさ」という部分でもとても優れています。こういった部分は試乗では分からない場合もあると思いますので、購入後に徐々に「とても静か!」という事に気付いて評価アップしている側面もあるのではないでしょうか。

 n-oneの走行性能、遊べるセカンドカーとしても秀逸

とてもオシャレで個性が光る n-oneは女性にとても人気となっていますが、その走行性能の高さから、男性のためのセカンドカーとしても注目を集めています。

特に、お子さんがもう成人されて、家族で使うクルマとしてはあまりこだわった選択をする必要がなくなった世代など、「自分が一人で乗れて、遊べるクルマが欲しい」といったニーズにも十分に応えられる走行性能を持っています。

どう乗って欲しいか?が明確な n-oneの走行性能

よくクルマは「誰に乗って欲しいか?が明確になっている方が選びやすい」と言われます。つまり、子供が生まれた人に乗って欲しいのか、それとも走りを求める人に乗って欲しいのか?といった部分ですね。

n-oneの走行性能をチェックして分かることは、 n-oneについて言えば「誰に乗って欲しいか?」よりも「どう乗って欲しいか?」の方が明確になっています。

外装やインテリア、走行性能をチェックすると、「オシャレに、自分らしく、颯爽と乗って欲しい」そんなメッセージを感じます。

まとめ

n-oneの走行性能をご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

HONDAのNシリーズはデビュー当時から「それまでの軽自動車とは違う、明確な個性を持ったシリーズ」という印象がありましたが、 n-oneについては走行性能に関しても、個性的でしっかりとしたコンセプトを持っていますね。

n-oneの走行性能が気になる方は、ぜひ実際にお店に行って、試乗してみていただければと思います。「フィットをも凌ぐ走行性能」をきっと感じる事ができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です