n-oneの燃費、軽自動車トップクラスのバランス感覚

n-oneの燃費に限った事ではありませんが、燃費を考える上で考慮しておきたいのは、走行性能とのバランスです。

これはどういう事なのかというと、たとえばあまりトルクが抑え気味に設定されているクルマがあるとします。ある程度までエンジンを回転させないとトルクが得られないモデルですね。最近の傾向として、こういった条件のクルマは燃費が良くなる傾向があります。

逆に少ない回転数でも高いトルクが得られるクルマは、燃費が悪くなるのですが、その分、加速がスムーズになってストレスを感じにくくなるのです。

ですので燃費を考える際には、こういった走行性能とのバランスというのも大事になってくるのですが、 n-oneの走行性能で言えば、同じHONDAのクルマであるフィットをしのぐとも言われています。

HONDAのFitと言えば、キビキビとよく走ってくれるクルマでありながら燃費も非常に良いということで、一躍有名になったモデルですよね。燃費については現行の1,300ccのモデルでリッター26kmとなっています。 n-oneはそんなフィットに対して、「走行性能はフィットと変わらない」とまで言われているのですが、では燃費はどうなのか?

実は燃費もフィットを超えてしまっています。

n-oneの燃費、まずはカタログ表記をチェック

n-oneの燃費は、カタログ表記で28.4km/Lとなっています。ターボ仕様では25.8km/Lという事ですので、1,300ccの現行モデルのフィットとさほど変わらない燃費となっています。

もちろん軽自動車というのは小さくて軽いですので、普通車に比べると燃費は良くなる傾向があるのですが、それでも「とても燃費が良いクルマ」として一躍有名になったフィットを超えてしまっているというのは、驚きですよね。

ちなみに…フィットの肩を持つわけではありませんが、ハイブリッド特別仕様車の場合はリッター30kmを軽く超えてきます。ですので両者を単純比較しても無意味な部分もあるのですが、要は、n-oneというのは軽自動車でありながら走行性能と燃費のバランスで、1,300ccのフィットに匹敵する、ということですね。

燃費まで「個性」の時代?

上でも少し登場しましたが、現在はハイブリットや電気自動車、ディーゼル車などなど、シンプルなガソリン車以外にも様々なクルマが存在します。

そんな中で n-oneの燃費は、リッター28.4kmという数字を出している訳ですが、徹底的に燃費にこだわるなら、今の時代はいくらでも選択肢がありますよね。つまり今の時代、車の燃費というのも個性の一つとなってきていると言えるのではないでしょうか?

昔のクルマの燃費は、どちらかと言うと「結果的にそういう数字になる」というイメージでしたが、今はもう「設計されている要素の一つ」として、明確な個性、明確な選択肢になっているということですね。

n-oneの燃費、実際の数字も見てみよう

n-oneの燃費、実際の数字はどうなってるのでしょうか?色々な n-oneのオーナーさんをチェックしてみると、平均して約13km/Lから19km/Lの範囲に入るケースが多いのかなと思います。

カタログ表記が28.4km/Lとなっていますので、実燃費としてはその半分の14.2km/L以上が出ればOKラインだと思います。それで実際にリッター13km~19kmという数字が出ているなら、とりあえず問題はないと考えてOKでしょう。

 n-oneの燃費は、「誰がどう乗るか」も計算されている?

n-oneの燃費をチェックする上でのチェックポイントの一つは、「誰がどう乗るか?」という部分についても計算されているという事です。

たとえば子供が生まれた家族が選ぶ人気のクルマは、タントやスペーシア、n-boxといった、軽トールワゴンタイプの中でも特に「軽ハイトールワゴン」と呼ばれる天井が非常に高いタイプですよね。これらのクルマのガソリン代というのは、主婦が厳しくチェックをするケースが多いと考えられます。

実際に、日常の買い物や子供の幼稚園の送り迎えといった使い方をするケースが多いのですので、ガソリン代は家計の中から出すことになり、結果としてはシビアな目線で選ばれるのが当然、という流れとなります。

それに対して n-oneというのは、未婚の方が会社の通勤用に買ったり、あるいは旦那さんが通勤用のセカンドカーとして買ったりするケースもあります。

そうなるとガソリン代というのは「会社持ち」となる場合が出てきます。つまり燃費に関しては「会社が交通費として払ってくれる範囲内に収まるかどうか?」が基準となりますので、その条件さえクリアしていれば、「後は走りが大事」となってきます。 n-oneの燃費はそういった部分も考えつつ、走りと燃費のバランスが取られているとも感じますね。

まとめ

n-oneの燃費をご紹介してきましたが、いかがでしょうか?軽自動車の中でトップクラスの走行性能と燃費のバランスを実現している n-one。

なおかつオシャレでスタイリッシュ、しかも個性的。見れば見るほど「これまで無かった軽自動車である」という事を実感しますね。燃費の面で言えば「基本を抑えつつ、より走りに重点を置いている」という印象です。

n-oneの燃費が気になる方は、ぜひ試乗をしてみて、その走りとカタログ表記のバランスについて確かめてみていただければと思います。

 

:追記

N-ONEの新情報が入ってきました!
あるユーザーがディーラーで値引きレポートをしてみたようです。記事になっているのでぜひ見てみてください。
【見積書公開】N-ONEの値引き交渉をしてみました! 値引きは何万円が限度?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です