n-oneのエクステリア、分かりやすいそのコンセプトとは

n-oneは、2012年にデビューした「新たな軽自動車の世代」を代表するモデルです。それまでの軽自動車というのは、まずエクステリアではっきりとした「格下感」が出ていましたよね。

実際に昔の軽自動車は、普通車を買う事ができない経済力が弱い人達…たとえば大学生のアルバイトといった方が買う車という印象がありました。まして働く女性が軽自動車に乗ることはまず考えられず、キャリアウーマンといった女性たちが求めるクルマは、メルセデスやBMWといった高級車でした。

それがすっかりと様変わりしてしまった一つのきっかけが、このn-oneと言っても過言ではないでしょう。n-oneのエクステリアからは、はっきりとした「オシャレな軽自動車」というメッセージ性が感じられ、洗練されていながらも可愛らしく、スタイリッシュでありながらも親しみやすさが込められています。

そんなn-oneの基本的なコンセプトは、「人のための空間は最大に、車を動かすための機能は最小にする」という主旨となっています。エクステリアにもそのコンセプトが表れていますね。そんなn-oneのエクステリア、まずはスタイリングからチェックしていきたいと思います。

n-oneのエクステリアは、ライフスタイルを意識したスタイリング

n-oneは、軽トールワゴンというジャンルに含まれる軽自動車となっています。軽トールワゴンというのは、たとえば他にどんなクルマがあるのかと言うと、ダイハツのタントであったり、同じHONDAであればn-boxですね。

すでにお気づきかもしれませんが、それらのクルマと比べると、n-oneのエクステリアというのは少しコンパクトな印象があります。「人のためのスペースは最大にする」というコンセプトが貫かれているはずなのに、なぜコンパクトなのかと言えば、それは車を選ぶ人のライフスタイルを意識しているからです。

n-oneは、「タントやn-boxほどの広さは必要ない。広々とはしていて欲しいけど、それで燃費や走行性能が損なわれるくらいなら、少しコンパクトでも良い。」といった方々、つまり一人暮らしの方や、家族で特に車を使う機会がない方のライフスタイルに合わせて作られています。

全体的に流線形となっていて、広いけれどもコンパクトというスタイリングは、まさに自由を楽しむ大人のためのエクステリアと言えますね。

驚くほどのカラー数、n-oneのエクステリアに驚き

さてそんな、自由を楽しむ大人のためのエクステリアという印象を受けるn-one。別の言葉で表現すれば「遊びを楽しむ」とも言えるのではないかと思いますが、そういった部分がカラーバリエーションにも出ています。

なんと選べるカラーリングは29色。これほどの数の色が選べる軽自動車というのはなかなかありません。まさに自由と遊びを感じさせるオファーとなっていますね。

n-oneのカラーバリエーションまとめ

ベーシックは13色。これだけでも十分という印象を受けるほどの数ですね。

  • プレミアムホワイト・パールⅡ
  • ミラノレッド
  • プレミアムイエロー・パールⅡ
  • イノセントブルー・メタリック
  • プレミアムピンク・パール
  • クリスタルブラック・パール
  • カトラリーシルバー・メタリック
  • ポリッシュドメタル・メタリック
  • プレミアムディープロッソ・パール
  • プレミアムブルームーン・パール
  • ブリティッシュグリーン・パール
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • プレミアムディープモカ・パール

続いてツートーンをご紹介。今やすっかり定番となっていますが、n-oneのエクステリアは16種類ものツートーンを選べます。「まるで絵の具のパレットのように」という遊びココロ満載のカラーバリエーション。見ているだけでワクワクしてきますね。

表記の順番は、「ルーフ/ドアミラーカラー×ボディカラー」となっています

ツートーン

  • ホワイト×ミラノレッド
  • ホワイト×プレミアムイエロー・パール
  • ホワイト×イノセントブルー・メタリック
  • ホワイト×プレミアムピンク・パール
  • ブラック×ホワイト
  • ブラック×ミラノレッド
  • ブラック×プレミアムイエロー・パールⅡ
  • ブラック×カトラリーシルバー・メタリック
  • ブラック×プレミアムディープモカ・パール
  • ブラック×ポリティッシュドメタル・メタリック
  • ブラック×ブリティッシュグリーン・パール
  • ブラック×ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • シルバー×プレミアムディープロッソ・パール
  • シルバー×プレミアムブルームーン・パール
  • シルバー×ブリティッシュグリーン・パール
  • シルバー×リリアントスポーティブルー・メタリック

n-oneのエクステリア、可愛らしい顔に隠された技術とは?

n-oneのエクステリアで一際、目を引くのがそのヘッドランプです。丸くて可愛らしい目になっていますが、よく見てみると「あれ、ウィンカーは?」と疑問に思われる方もおられるかもしれません。

よく見るとスグに気付くのですが、このまん丸い目の中にウィンカーまでもが一緒に入ってしまっているのです。LEDで丸く輝くヘッドライトというだけでもオシャレですが、その中にウィンカーまで一緒に入れてしまうなど、エクステリアにも多くのこだわりが見られますね。

まとめ

n-oneのエクステリアをご紹介してきましたが、どうでしたでしょうか?全体的なスタイリングにはもちろん、カラーバリエーションの多さや顔つきなど、至る所に遊び心と親しみやすさを感じる仕上がりとなっていますね。

n-oneのエクステリアが気になる方は、ぜひ実際に見に行ってみていただければと思います。可愛らしく親しみが持てながらも、洗練された n-oneのエクステリアを感じていただけるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です